オススメリンク

今のブランディングを見直して、再構築しませんか?今までよりもっと顧客と繋がることによって商品イメージが的確に伝わりますよ。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • 様々なプラン
  • ミーティングする人達

パッケージのデザインとは

ブランドチャート

商品においてパッケージは非常に重要な役割を果たします。同じ商品でも見た目が変わっただけで売上の増減に大きな影響を与えます。それが印象的でないと消費者の目に留まらず、せっかくの良い商品でも日の目を浴びることが難しくなってしまいます。

パッケージは商品の顔と言えます。商品にあった絵や写真、文字やロゴを最適な位置に配置していき、たくさんの人に良さがアピール出来るよう構成することがデザインにおける最大の課題です。

パッケージとは
パッケージとは、装飾、保護などの目的で何か物を紙やフィルムなどで包んでいる状態のものを指します。そのデザインによって売り上げが左右されるなど、とても重要な役割をになっています。

また、包装だけでなく、その中にある容器も含めて呼ぶこともあります。この場合、複数の物が詰め合わされて、ひとまとめにされているという含みもあります。パッケージツアーなどはその延長線上にあるもので、物ではなく、サービスなどがひとまとめにされたもののことです。

パッケージの効果
パッケージとは消費者の購買意欲を高めるようなものとしての効果に期待をすることができるようになっています。

パッケージか消費者の購買意欲を高めるようにすることは、製品の販売には非常に重要なことになります。

購買意欲を高めるためには、魅力的なデザインにする必要があります。消費者が購入したいと思うことができるだけの内容にすることができれば、効果を発揮するものとなっていますので、販売をする上ではとても重要です。

パッケージデザインの活用法
新商品が続々と発表される中で、他の商品と差別化を図るためにパッケージは重要なツールとなる。また、ブランドのデザインではそのブランドのコンセプトやイメージを消費者に気づかせ、手にしてもらう効果を与えなくてはなりません。

しかし、ブランドのイメージが強すぎることで、商品自体の表現がされなくては意味がなくなってしまいます。なので、ブランドとしての表現と商品自体のよさを伝える表現のバランスを考慮して作成されなくてはなりません。

パッケージデザインとは

スクリーンでプレゼン

パッケージデザインとは、商品を消費者にとって思わず手に取りたい、欲しいと思うような価値あるもの、魅力的なものに見せるために必要なものです。

その1つにブランディングとよばれる思考法があり、ブランドのロゴデザインなどを明確に打ち出すことによって、「他にはない」商品としての位置付けを狙ったりすることが可能です。

そのためには、事前の市場調査、商品コンセプトの明確化、クリエイティブ力、イメージを具現化できるスキルなどが必要です。

パッケージデザインの手法
パッケージとはその商品の顔とも言えます。そのため、デザインをする上で重要なのは、購入する人の目に留まるようなものにするのはもちろん、その商品の特性を一目で伝えられるようにしなければいけません。

その一つとしてブランディングという手法があります。クライアントである企業がどういった切り口でその商品を展開していきたいかを考慮して、その商品の世界観を統一したデザインを加えることによって、より消費者にわかりやすく、かつ手に取ってもらえるようなものへと進化することが出来るのです。

ブランディングの手法
ブランディングには、広告を出して企業の認知度を高める手法や、企業の提供する製品の質を見直したり常に改良を続けて顧客に信頼をもたせる手法があります。

顧客に対して企業の価値を高く認識させることで、製品のマーケティング戦略が成功します。

具体的には、企業の設定したイメージカラーを用いた特徴的なデザインのパッケージを導入することで、特定の製品だけでなく、その企業の製品全体にブランディング効果をかける手法があります。

ブランディングの効果
ブランドに対する信頼や共感を、ユーザー側の視点による発想を用いてより価値を高めようとする企業のマーケティング戦略をブランディングといいます。例えばブランドとしての認知がなされていないものをブランドとして確立する、またはブランド構成要素を強化して認知度をより高めるなどの手法があります。

このようなブランディングの効果としては、個性的なパッケージデザインによるブランドイメージの強固な確立や、顧客の認知度の向上による当該ブランド品購入の回数増、そして他ブランドとの差別化による価格競争からの回避等が挙げられます。